毛ガニについて

MENU

毛ガニについて名産地はどこ?毛ガニについての詳細

かに通販人気ランキング

カニは日本人が好きな食材の一つでしょうが、種類はいろいろで、タラバガニ、花咲ガニ、ズワイガニなどがあり、見た目の豪華さなどから、タラバガニや花咲ガニに目が行きがちですが、うまさという点では毛ガニがダントツと言ってもいいでしょう。

 

特に、毛ガニは、ロシア産などもありますが、本当においしいのは北海道産で、しかも名産地となれば、宗谷・オホーツク、日高沖、噴火湾ということとなり、そこで獲れたものを、そこでいただくのがグルメにとって震えが来るほどたまらない味となっています。

 

それでも、名産地だから、そこで獲れたものなら何でもいいと言うわけにはいきません。旬があり、食べ方もあるからです。

 

毛ガニの種類について

毛ガニにも色々な種類があることを承知しておきましょう。

 

誰しもが間違いなく、おいしいと言って喜ぶのは、堅ガニ

誰しもが間違いなく、おいしいと言って喜ぶのは、堅ガニと呼ばれるもので、身もミソもぎっしり使っており、持つと重たく感じられるものです。同じ大きさであっても、重さが違うときは、重い方を選別すれば、うまさは間違いありません。

 

若ガニとか水ガニ

これに対して、若ガニとか水ガニと言われるものがあります。脱皮した後のものですから、中身が成長していない関係で、身がしっかり詰まっていません。殻も柔らかく、もてはやす人もいますが、しっかりした味とは縁遠いものです。

 

毛ガニ本来のうまさを味わいたければ、やはり堅ガニですが、実はお金もそれほどかからないで、独特の甘みを味わおうという点では若ガニも捨てたものではないので、そのつもりで一度は賞味をおすすめしたいものではあります。

 

旬の時期は、場所によって異なる

冬場は日高沖が一番で、暖かくなって4月下旬ごろには、宗谷・オホーツクでのものが傑出しています。さらに暑くなって初夏とか夏は噴火湾と言う具合に移ります。時期によって名産地も移動すると覚えて置いたらいいでしょう。

 

そして、食べ方ですが、やはり獲れたて茹でたてが最高です。したがって現地でいただくのが一番ですが、そうでない場合は、茹でて氷水に浸けたものよりは、生のままを購入し、自分で茹でる方がで本来の味を楽しめます。

 

また、人気のかに通販なら独自の技術で獲れたての美味しさそのままで自宅に送り届けてもらうののも可能です。