贈答用のカニを贈るときののしについて

MENU

贈答用のカニにのしをつけて贈る場合について

かに通販

まず、贈答用にカニを通販などで購入した場合に、のしをつけて贈ることができるかどうかですが、生もののカニであっても、のしをつけて贈答することは可能です。

 

通常、カニは季節ものですが、こうした季節ものであっても、歳暮やお礼品の返戻であっても、そのシュチュエーションに応じた贈答の使い方があるのです。

 

では、どうした使い方があるのか、どうすれば情報を知ることが出来るのか、昔であれば、先人にのしの使い方を学ぶものですが、今は、核家族化が進んだので、慣習的なものを知る機会が少なくないのです。

 

カニを贈答品に使うケースとしては、生ものであるので、お祝いごとに使われるケースが多いのです。このため、のしも赤色が使われることが多いのです。この使い方について、知りたい場合には、最近では、インターネットで検索すれば、詳細な情報が掲載されています。

 

どの様なノシをつけるかの前に、こうしたノシの風習は日本独特のものです。日本の伝統的なものであり、この風習自体が色褪せないものでもあるのです。
慶弔ごとには必ず使われるのですが、お祝いからお葬式まで、その使い方の用途は複雑にわたっています。

 

慶弔ごとで、金銭的なものの贈答や品物による贈答など、金銭や物を贈答すること自体が日本的なもの

例えば、お葬式などでは、ご仏前や香典など、金銭を贈る場合でも、その贈るシュチュエーションによって、ノシの色も変わってくるのです。カニは生ものなのですが、生ものを贈る場合は、鮮度があることから、やはり、お祝いごとに陥るケースが多いのです。

 

日本の贈答的なものとしては、慶弔以外には、お中元やお歳暮があります。

 

日ごろ、お世話になっている人に品物を贈るのですが、こうしたお中元やお歳暮を贈る場合にも、ノシをつけて贈るケースが多いのです。単純に、物を贈るだけよりも、ノシをつけるだけで、相手に対する敬う気持ちの表れでもあるといえます。

 

また、ノシを付ける際にも、お礼やお中元など、ノシ自体にどういったものであるかを示すためにも使われます。そして、誰が贈ったのかどうかも、名前を記載するのにもつかわれます。また、白紙のまま使用するケースも少なくないのです。