かに通販でカニを買い過ぎて食べきれなかったときに捨てずにアレンジする方法とは

MENU

余ってもアレンジ法はたくさん!

かに通販

 

通販でかにを購入するときは大きくてたくさん入っているものを選びますが、たくさんありすぎても食べきれず、捨ててしまう場合もあります。
最後まで飽きずにしっかり食べきる方法は多数あり、アレンジ次第でたくさんの料理にかえることができる食材の1つでもあるので、いろんな料理のアレンジ法を試して様々な味を楽しめます。

 

かに料理の定番のかにすきや海鮮鍋に入れたり、焼きガニ、天ぷらなど一通り満喫したあとは食べにくくて残ってしまいがちな腕元の部分などもほぐしてかにすきや鍋のしめ料理の雑炊で使うと掬ってもかにと雑炊がまんべんなく絡んで美味しく食べることができます。

 

残ったかには適量にカットして一度軽く茹でた後、スジの部分や殻をとってお米と炊飯器に入れて炊くと翌日には贅沢なかにの炊き込みご飯を食べることができます。

 

腕元部分はお腹の部分はお味噌汁に入れるといい出汁が出て余す事なく使う事ができます。

 

かにの炊き込みご飯は冷凍する事もできるので、多めに炊いて小分けにしたあと冷ましてから冷凍するといつでも解凍して食べることができるので便利です。

 

かにそのものは数日冷蔵庫で保存しておくと鮮度が落ちてしまうので調理したあとに冷凍して保存すると日持ちし、好きなときに解凍できます。

 

アレンジ法は様々で、和食では茶碗蒸しに入れるとカニの風味が茶碗蒸し全体に広がり料亭で味わうような一品を家庭で作ることができます。

 

グラタンやパスタを作る際に海鮮と一緒カニを入れて具材として使うと色どりもよくなります。

 

洋食とも相性がいいです。1つの料理で大量にカニを使ってしまうと味に変化がないため飽きてしまったり、たくさん食べることが難しいですが和食や洋食、メインやスープなど様々な料理にして味をかえると飽きもこず最後まで美味しく味わうことができます。

 

さらにカニの良さもより引き出すことができるので素材を活かしたアレンジ法ができます。

 

通販で頼むと特産地の新鮮なままのカニを食べることができるので食材をプラスしてより美味しく食べられます。通販ではグラム数などの記載があるものが多いので家庭や人数にあった量を頼むと捨てることなく最後まで美味しく食べられます。