タラバガニとアブラガニの見分け方

MENU

タラバガニとズワイガニの見分け方

かに通販

 

かにはお好きですか?

 

なかなか食べづらい、手が汚れるなど、あまり好んで食べない方もいますが、あの舌触りのよさや甘み、風味などお酒がすすむのもまたかにです。

 

最近はあらかじめ甲羅に切れ目をいれて食べやすく加工されている商品もありますので、是非おいしい味覚を味わってみるのはいかがでしょうか。

 

ズワイガニ、毛ガニ、タラバガニ。

 

いろいろな種類がありますが、ズワイ、毛ガニは生物学上かにの分類ですが、タラバガニはやどかりの分類になります。

 

違いはなんなのか?

 

足の数です。

 

かには足が8本に爪が2本、ヤドカリは足が6本に爪が2本、ということなのです。

 

また、以前はアブラガニをタラバガニとて販売している偽装表示が問題となりました。

 

なぜ偽装するのかというと、明快です。

 

アブラガニに比べてタラバガニの方が価格が高いからです。

 

だから消費者が怒るのも無理はありません。

 

しかし、これを簡単に見分ける見分け方があります。

 

一般的によく知られている見分け方は甲羅の中央部分にあるトゲの数です。

 

タラバは6個あり、アブラは4個しかありません。

 

一匹まるごと売りであれば、これで判別できるのですが、足だけで売られているものはどのように見分けるのでしょうか。

 

それは、色の違いよる見分け方があります。

 

足先の色を見ればわかります。

 

紅く均一であるのがタラバ、まだらになっているのがアブラです。

 

アブラガニも時期によってはおいしいこともありますので、すべてが否定されるものでもありません。偽装表示は許せませんが、消費者としてしっかりとした目を持ってお買い物に出かけましょう。

 

スーパーなどではゆでて冷凍した状態で売られていることが多いですが、かにはゆでると時間経過に従って味が落ちてしまいます。また、訳ありでセールなどされている商品は冷凍焼けをおこしている可能性もありますので、注意が必要です。こういうものを食べて、冷凍はおいしくないと感じている人も多いようです。

 

ゆでたものだけではなく、焼いたり、鍋にしたり、またチャーハンやスープの具材としてもうまみを引き立ててくれるかに。正月料理等の影響で需要が増えるのは冬場ですが、晩春のころのかにも甘みが強くなりおいしい季節となります。