毛ガニ選びと食べ方のポイント

MENU

毛ガニ選びと食べ方のポイント

かに通販

 

毛ガニとは、北海道を代表する食材で、主に籠漁により捕獲されます。

 

資源保護のために自治体や漁協が漁期や漁法を制限しており、春はオホーツク海、夏は噴火湾、秋は根室沿岸、冬は十勝沿岸で漁を行います。

 

ズワイガニやタラバガニよりも体が小さい分、味が良く、蟹味噌の量が多いです。

 

毛ガニには様々な出荷方法がありますが、活動している生きたままの毛ガニを北海道で浜茹でにし、チルドの状態で送られてくるものが最も人気があります。

 

また、産地から毛ガニを集めて一カ所で茹でるボイルとは違い、手間がかかることからも最も贅沢で美味な形態です。

 

そんな活毛ガニを選ぶポイントはいくつかあります。

 

捕獲された季節と産地がしっかり一致していること

北海道全体では一年中獲れますが、これがそのまま旬の時期になります。

なるべく甲羅が固いもの

毛ガニは脱皮をしますので、脱皮をした直後は甲羅が柔らかく、敵から身を守るための甲羅作りに栄養を使いますので身が痩せている状態です。

重さをチェック

手に持った時にずっしりとした感覚があり、500gほどの重量があるものが一番良いです。大きすぎるのは年をとっていて身が痩せていることがあります。

 

これら3つのポイントを外さないことで、活毛ガニ・浜茹でという条件を満たしながら最も美味しいものを選ぶことが出来るでしょう。そして食べる日に合わせて送ってもらうと最高です。

 

食べ方としては、すでに浜茹でがなされているので重ねて調理をする必要はありません。

 

家で茹でると二度茹ですることになり、毛ガニの風味を逆に大きく損ないます。

 

そのまま殻をむいて、蟹味噌や蟹刺しでいただきましょう。残った蟹は雑炊、カニ玉、チャーハン、かにめしなど様々な料理に美味しく使えます。

 

一年中いずれかの産地で旬を迎えますので、お祝い事や少し贅沢をしたい時にチルドで直送された最高のカニを食べてみるのはいかがでしょうか?