かにの黒変

MENU

かに通販でカニを購入後、黒変を起こさないためにはできるだけ酸化を起こさないこと

かに通販

おいしくかにを食べるためには新鮮なものを選ぶのも大切ですが、解凍方法にも注意が必要です。

 

冷凍かにを解凍のために放置していたら黒変・つまりくろく変色してしまった経験がある方もいるでしょう。黒変は血液が酸化してしまった状態です。食べても害はなく大丈夫ですが、見た目が良くはありませんし、風味もだめになってしまいます。

 

 

理想は半解凍状態

ちょうど良いのが、表面は緩んでいて中はまだ凍ったままという「半解凍」状態です。そうなるためには食べる量だけを新聞紙やクッキングペーパーなどに包んで更にビニール袋に入れることで乾燥を防ぎながら室温ではなく冷蔵庫で解凍するようにしましょう。

 

甲羅を下にお腹を上に向けておくと解けていく中でカニ味噌が流れ出てしまうのを防ぐことができます。レンジなどを使うと早いけれどもせっかくのかにの旨味エキスが流れ出てパサパサになってしまいます。早く食べたいというときにはビニール袋に入れた状態で流水をかけるようにしましょう。

 

通販サイトなどで購入するとかにの表面に薄い氷が張っていたりするでしょう。これも乾燥を防ぐためのものです。とにかく乾燥に気をつけることこそがおいしく食べるためのポイントとなるのです。

 

正しく解凍しなかったにも関わらず黒変が起こらなかったという場合もあります。見た目を良くするために酸化防止剤が使われているのです。多くの業者が行なっています。その中には安全基準ギリギリのレベルまで薬剤を入れている業者もあり危険です。国内加工されているからといって安心はできません。信頼できる業者選びが必要となります。

 

黒変が起こっているからといって食べられないわけではありませんが、せっかく手に入れたかにですからおいしく食べられるためにも時間をかけてきちんと調理するようにしましょう。どうせカニすきなどで熱いお湯に入れれば溶けるだろうしとやってしまうと、乾燥を防ぐための氷なども鍋の中に溶け出してしまい、旨味もなくなり身はスカスカ。絶対にやめた方がいいです。