日本で有名なカニの分布に関して

MENU

日本で有名なカニたち

かに通販

まず、『カニの王様』とも称される【タラバガニ】は、世界的に見ても寒い地域を生息域としています。

 

日本では、オホーツク海と日本海北部を中心に生息し、太平洋でも水深の深いところで捕獲された記録もありますが、名産と言って差し支えないのは、やはり北海道でしょう。東北地方よりも寒い地域が主な生息域とされています。

 

王様の次は『カニの女王』と称される【ズワイガニ】

 

こちらは地方によって様々な呼び方があり、『越前ガニ』や『松葉ガニ』と呼ばれているものも同種のカニで、地域によるブランド名としてそれぞれが広く知れ渡っています。

 

ズワイガニの生息域は広く、山口県より北の日本海、茨城県より北の太平洋、そしてオホーツク海に分布しています。

 

次に、北海道でもとりわけ根室が有名な産地となっている【花咲ガニ】です。

 

こちらは北海道沿岸の太平洋北部、そしてオホーツク海、特に納沙布岬周辺海域が漁獲の中心となっており、ここでしか味わえないカニとして、人気を誇っています。

 

とても綺麗な名前ですが、根室の地名に由来すると言う説と、茹でると赤くなる姿が、花が咲いたように見えるからという説があるそうです。

 

そして、北海道を代表するカニと言えば、何といっても【毛ガニ】でしょう。

 

実は生息域は案外広く、島根県以北の日本海、そして茨城県以北の太平洋北西部に分布していると言われています。しかし漁業が盛んで通年で味わうことができ、漁獲量が多い地域となると、やはり北海道になるようですね。

 

北海道の中では、地域によって毛ガニの旬が少しずつ異なっているそうです。ほとんど年中毛ガニを楽しむことができるのは、嬉しいことですね。

 

最後に【ワタリガニ】ですが、こちらは地域によっては【ガザミ】という名の方が親しまれているようです。

 

北海道南部以南の、おおよそ日本全域に分布しますが、おもに内海や内湾を抱えている地域で多く水揚げされており、瀬戸内海沿岸や有明海、三河湾などが有名です。

 

本州ではカニというとガザミを指すくらにメジャーなカニですが、意外なことに北海道ではあまり知られていないようです。

 

さて、ここまで日本における有名5大カニの分布についてご説明しましたが、全ての生息域となるのは、やはりカニ王国・北海道のようですね。それぞれの特産地で、美味しい旬の味を楽しんでみたいものです。